ハンドピックって?美味しいコーヒーを淹れるのに欠かせない作業

 

美味しいコーヒーを淹れるためには様々な工程を必要とします。皆さんはハンドピックとうい作業をご存知ですか?ハンドピックとは収穫されたコーヒー豆から不必要な物を取り除く作業です。

収穫時にコーヒー生豆以外に石粒・土粒・穀物や木くずなどが混じってしまいます。
ふるいにかけたり、比重選別しても豆と同じようなサイズのものは排除できないことがあるからです。

この作業をしないと後々、焙煎機やミルを痛める原因になります。

一方、コーヒー豆には違いありませんが、欠点を持つ豆も選別しなくてはなりません。その種類としては以下のものがあります。


黒豆   腐敗臭や濁りの原因となるもの
発酵豆  外見上は見分けがつきにくいが異臭の原因となるもの
虫食い豆 蛾の幼虫が入っているもの。汚れ・濁りの原因となり味も悪くなる
貝殻豆  異常交配ででき乾燥不良で煎りむらの原因となるもの
死豆   正常に育たなかった豆 味そのものが希薄で異臭の原因となるもの
が代表としてあげられます。

ほかにも、割れ豆、カビ豆、雨にうたれたもの、内果皮、未成熟豆等があり、全て
味、香りを損なう原因となるものです。


中には一見正常な豆と見分けがつかないものがあり、そのためにハンドピックを生豆の時点で一度、焙煎後にもう一度行うこともあります。特に品質の悪い豆は生豆の時点で数回行うこともあります。


焙煎後にハンドピックを行うのは、豆の水分量にバラつきのある豆が欠点豆と判断できやすくなるからです。正常な豆に対して、炭化が早かったり、色が薄くなりこれも排除する決め手となります。美味しいコーヒーを飲むにはハンドピックは欠かせない作業です。

コーヒーは極めていけばいくほどに面白い飲み物だと思います。最近ではコーヒーのことに書かれているブログやサイトを覗きながら、知識や技術を身に付けようと頑張っています。

コーヒー関連のサイトは色々ありますが、この「コーヒーを楽しむブログ」が一番勉強になりますね。他のサイトってアフィリエイト目的のサイトだから、ちゃんと検証がされていない。でもこのサイトから作り手のコーヒーに対する情熱が感じ取れます。