ハンドピックって?美味しいコーヒーを淹れるのに欠かせない作業

 

美味しいコーヒーを淹れるためには様々な工程を必要とします。皆さんはハンドピックとうい作業をご存知ですか?ハンドピックとは収穫されたコーヒー豆から不必要な物を取り除く作業です。

収穫時にコーヒー生豆以外に石粒・土粒・穀物や木くずなどが混じってしまいます。
ふるいにかけたり、比重選別しても豆と同じようなサイズのものは排除できないことがあるからです。

この作業をしないと後々、焙煎機やミルを痛める原因になります。

一方、コーヒー豆には違いありませんが、欠点を持つ豆も選別しなくてはなりません。その種類としては以下のものがあります。


黒豆   腐敗臭や濁りの原因となるもの
発酵豆  外見上は見分けがつきにくいが異臭の原因となるもの
虫食い豆 蛾の幼虫が入っているもの。汚れ・濁りの原因となり味も悪くなる
貝殻豆  異常交配ででき乾燥不良で煎りむらの原因となるもの
死豆   正常に育たなかった豆 味そのものが希薄で異臭の原因となるもの
が代表としてあげられます。

ほかにも、割れ豆、カビ豆、雨にうたれたもの、内果皮、未成熟豆等があり、全て
味、香りを損なう原因となるものです。


中には一見正常な豆と見分けがつかないものがあり、そのためにハンドピックを生豆の時点で一度、焙煎後にもう一度行うこともあります。特に品質の悪い豆は生豆の時点で数回行うこともあります。


焙煎後にハンドピックを行うのは、豆の水分量にバラつきのある豆が欠点豆と判断できやすくなるからです。正常な豆に対して、炭化が早かったり、色が薄くなりこれも排除する決め手となります。美味しいコーヒーを飲むにはハンドピックは欠かせない作業です。

コーヒーは極めていけばいくほどに面白い飲み物だと思います。最近ではコーヒーのことに書かれているブログやサイトを覗きながら、知識や技術を身に付けようと頑張っています。

コーヒー関連のサイトは色々ありますが、この「コーヒーを楽しむブログ」が一番勉強になりますね。他のサイトってアフィリエイト目的のサイトだから、ちゃんと検証がされていない。でもこのサイトから作り手のコーヒーに対する情熱が感じ取れます。

美味しいコーヒーの嬉しいダイエット効果

私は結婚以来、お家でコーヒーを淹れて飲むことが本当に好きになりました。最近の生活ルーティンは朝早く起きて旦那と子供を送った後、家でゴロゴロして過ごすといった感じです。

そんな毎日を過ごしてるうちにどんどん体重は増え続け、食事制限などのダイエットもしたのですが全く続きませんでした。そんな時、テレビでコーヒーダイエットというものを知りました。

コーヒーが大好きなので毎日家でおやつの時などに飲んでるパックジュースをまずはコーヒーに買えることにしました。コーヒーを自分で作るので、砂糖や牛乳をいれずにブラックで飲んでました。またドリップで作ると非常に香りも良く、ブラックの方が飲みやすかったです。

前までは甘いジュースを飲んでいたのに今では、ブラックのコーヒーや無糖の紅茶とかではないと飲めません。調べたところ、私が飲んでいた甘いジュースには砂糖が大量に入ってることを知り、それからはジュースは飲まないよにしてます。もし甘いものが欲しくなったら、洋菓子とブラックコーヒーをおやつにしてます。また、ブラックコーヒーに豆乳を混ぜて飲むこともあります。そんな感じで毎日、家にいるときはコーヒーを作って飲んでました。

すると半年で大量はマイナス5キロに!!運動や食事制限もしてないのに、とても驚きました。コーヒーのカフェインには利尿作用があるからか、むくみも無くなってました。

コーヒーダイエットで注意した事は、夜は飲み過ぎない事と水をたくさん飲むようにしてました。コーヒーの飲み過ぎはよくないですが、外で缶ジュースを買うときブラックコーヒーにしてみて下さい。それだけでも効果はあると思います。

寒い北海道で心温まるコーヒーを頂く

北海道の恵庭市恵み野にを訪れた時にふらっと立ち寄ったコーヒー屋さんがとてもいい雰囲気でした。

小さな店内にコーヒーの香りが漂い、数人の女性の店員さんが「いらっしゃいませ」と迎えてくれます。オーナーさんの息子さん?が海外へ行ってコーヒー豆をチョイス。

変わった豆やお店独自のブレンド豆を量り売りしてくれます。もちろん店内で楽しむことも。外からは色々な素敵なコーヒーカップが並べられている様子を見ることができます。多分海外で買い付けする時に買ったか、オーナーさんたちが好きなカップを並べているのだろうかと勝手に思っています。

お店のオーナーさんが息子さんなのかお母様なのかはいまいちはっきり分かっていないのですが、とにかく雰囲気のいいお店です。コーヒー畑の植樹に協力して下さいとコーヒー豆の麻袋を100円の寄付によって分けてくれます。店内に入ると大きな窓ガラスから外の庭を観ることができ、ゆったりとした時間を過ごせます。

コーヒーだけでなく、お店の前にはオシャレな花壇がお客さんの目をひきます。花好きな人にはこの上ない喜びです。花の街恵庭は花で観光を誘致していることもあり、ここそこに素敵なスポットを作っています。

お店の前には花散歩通りという通りがあって、それぞれのお店屋さんの前に趣向を凝らした花壇がいっぱいです。一度コーヒーと一緒に楽しんでみてください。

私なりのアイスコーヒーの楽しみ方

アイスコーヒーを淹れる時にこだわっているのはあまり冷たくなりすぎないように氷の量を少なめにすることです少なめでも氷がとけてくると味が薄くなり甘さも減ってしまうので濃く甘めに作るようにしています。

普段はストレートでアイスコーヒーを頂きますが、休日などはミルクが多めのカカフェラテなどを楽しんでます。アイスコーヒー豆を購入するときの基準はあまり苦かったり酸味が強いコーヒーは好きでないので、コクがあって苦味が楽しめるようなアイスコーヒー専用豆を選びます。

仕事などで体が疲れている時にはアイスコーヒーをアレンジするのも楽しいですよね。アイスコーヒーを飲む時にはなかなか溶けにくいのですが、ハチミツを入れて飲むことがあります。

飲むにしたがってだんだんハチミツが底の方に固まって来るのですが、休日の昼下がり等はいくらでも時間があるのでぼうっとしながら氷が溶け、ハチミツが飲み残しのアイスコーヒーやミルクに混ざってだんだん甘い味が強調されて来るのをデザートドリンクのように飲んでいます。

かなり量が多いラージサイズで飲むとゆっくりじっくりと楽しめてお気に入りの文庫本を友にして楽しむには最適です。このハチミツアイスコーヒーにはシナモンパウダーも良く合うのでたくさん振りかけています。この組合せは何ともエキゾチックで美味しい風味が出ます。

横川サービスエリアのスターバックス

昨日は久しぶりに軽井沢のプレミアムアウトレットモールに行ってきました。この時期の軽井沢はさすがに寒かったですけど、いい買い物ができて本当によかったです。私の好きなカリフォルニアのブランドであるロンハーマンで買い物することが出来ましたよ。

そこ帰りの道中でにある私のお気に入りのコーヒーショップは上信越自動車道の横川SA(上り)のスターバックスです。毎年数回の横浜帰省の際に毎回寄っています。

好きなメニューはど定番ですが、スターバックスラテこれが一番のお気に入りです。横浜への道中、まだまだ距離もあるし、時間もかかります。山々に囲まれた場所にあるので、空気も美味しいですし、テラス席もあるのでコーヒーを飲みながら、景色を眺めながらいつも楽しみにしながら楽しんでします。

いつも注文前になると、今日はメニューを変えてみようかな?と思うのですが、なぜかスターバックスラテを頼んでしまいます。上手な表現はではなけれど、車にはガソリン、私にはスターバックスラテというような相性でしょうか?

ここでコーヒーを飲んで一息したら、さぁ出発!!元気も回復し横浜までの道中、元気にノリノリで向かえます。また、スターバックスにあるパン系やスコーン系も美味しいのですが、このSAには別のパン屋さんの入っており、そのパン屋でパンを購入し、スターバックスでコーヒーを買い、テラス席で頂く。

この組み合わせもSAならではと思います。というより、先月の帰省の時はこの組み合わせでした。その地域、その場所ならではの楽しみ方がいろいろとあると思うので、皆様もコーヒーにプラスαで自分流を探してみてはいかがでしょうか。

コーヒー豆が収穫されるコーヒーベルトと呼ばれるエリア

いつも飲んでいる美味しいコーヒー豆はどこで栽培されて収穫されているのでしょうか?

コーヒーの主要生産地は北緯25~南緯25度までの熱帯、亜熱帯に集中し『コーヒーベルト』と呼ばれており、そこでの大規模コーヒー農園を中心に、全世界で1000万haの土地に150億本のコーヒーの木が栽培されているようです。

国にすると約70ヵ国。その中でいくつかの特徴的な生産国を紹介します。まずは生産量世界一のコーヒー大国、ブラジルです。この地でコーヒー生産が始まったのは1727年。1960年代初めには国内生産量の過半数が南部のパナラ州で生産されていましたが、相次ぐ天候被害により1970年代後半からミナス・ジェライス州のセラード地域に移りました。ここは機械化が進んだ大規模農家が多く、現在では代表的な産地となりました。

次はエチオピア。この国はアラビカ種の原産国であり、世界最古のコーヒー消費国です。固有の品種で自生したものが3500種以上もあり、その中で選抜されたコーヒーが栽培されています。

そしてコロンビア。コロンビアは世界第三位のコーヒー大国ですが、それを支えているのはブラジルのような大規模農家ではなくて小規模な農家なのです。このように小規模農家が多い国は多くあり、個人的にはこういう国のコーヒーを応援したく思っています。

最後はジャマイカ。かの有名なブルーマウンテンの生産国です。1953年、ジャマイカ政府が、コーヒー品質管理を目的に世界で初めて特定地域のコーヒーをブランド化しました。それがブルーマウンテンで、その豆の最大の輸出国が日本なのです。

コーヒーはいろんな国の人たちが心を込めて作ったものが日本に届いているんです。大事に飲まないと行けませんね。

スタバのすごいサービス♬スターバックス・リザーブ

 

通常のスターバックスコーヒーの店舗で飲めるコーヒーとは違うメニューが実はあります。特定の店舗でしか飲むことができませんが、リザーブというサービスです。

スターバックスのリザーブとは、客に合わせたコーヒーの抽出方法の選択ができたり、自分好みのコーヒー豆を選択できるバリエーションが非常に多いのも特徴です。

自分の好みが少しでもわかっていれば、商品知識の多いリザーブサービスを行っているスタッフへ訪ねれば笑顔で気持ちよく客のニーズに合わせた、、マイコーヒーを丁寧に作ってくれます。

私は最初スターバックスのリザーブ可能な店舗へ入ったときに、リザーブはするつもりではなく通常のドリップコーヒーを注文したのですが、そのあと店員さんがコーヒーはお好きですか?というトークから始まり、このリザーブを行っている店舗は少ししかないレアなサービスだということを聞き、ついついリザーブのサービスをうけました。

通常のドリップコーヒーよりかは、2.5倍ぐらいの価格設定のコーヒーですが、コーヒーの味もいやみもなくすっきりとした飲みごたえで非常に気持ちよくサービスを受けることができたと思います。

私の行ったリザーブが行える店舗ではバリスタの方々全員が黒のエプロンを着用しており、サービス精神やコーヒーへの知識や愛は通常スターバックスとははるかにレベルが違うと体感できました。

オフィスで美味しいコーヒーが飲みたい

こんにちは。

美味しいコーヒーが大好きなOLのみやこです。

私がコーヒーに目覚めたのは、大学生の時にシアトルに旅行してスターバックスの本店でカフェラテを飲んだ時からです。世の中にこんなに美味しいカフェラテがあったのか!と驚いたのを覚えています。

そんなコーヒーマニアの私はオフィスにもコーヒーを持っていきます。仕事の合間に飲むコーヒーが一番好きですね。

オフィスでも安らぎを求めてしまいますね。